眼瞼下垂は加齢が原因~手術で重いまぶたも軽々パチクリ~

まぶたのたるみを補正する

頭痛や肩こりも解消

女性

まぶたが上がりにくくなる症状を眼瞼下垂といいます。後天的な眼瞼下垂の主な原因は、加齢によってまぶたの皮膚がたるんだり、まぶたを動かす筋肉が弱ったりすることです。コンタクトレンズを長年使用している人や、目を酷使する仕事に就いている人、白内障の手術を受けた人にも多く見られます。眼瞼下垂になると視野が狭くなり、眼精疲労から頭痛や肩こりを起こしたり、無理に目を開けようとして額に深いシワができたりします。これらの症状は、手術を受ければ一気に軽快することがあります。まぶたが下がっていると目が小さく眠そうに見えて、美容の観点からも好ましくありません。目をパッチリとさせ、視界もクリアになるとして、多くの人が眼瞼下垂の手術を受けています。

保険が適用できる場合も

眼瞼下垂の手術は、純粋に美容が目的だと保険が適用されません。しかし日常生活に困難をきたすほど重症と診断されれば、保険適用で手術を受けられます。診断は医師の主観による部分が大きいため、あるクリニックでは保険が利かなくても、別のクリニックでは利く可能性があります。少しでも安価に手術を受けたいなら、複数の病院で相談してみるのが良いでしょう。ただし、最初から保険適用の手術をしていない医療機関もあります。また費用が安くても仕上がりが雑で、左右の目がいびつになったりする場合もあります。美容目的ならば、あえて自由診療のクリニックを選ぶのもひとつの方法です。なお手術後も数か月は腫れが続き、傷跡も残るので注意してください。

予防や治療が可能です

女性

眼瞼下垂は先天的なものや後天的なものがあります。後天的なものは脳に異常がある場合もあるため早急に医師の診察を受けることが大切です。治療に関しては、瞼が術中、術後に腫れるなどの特徴から、何をもって成功をするかが難しいという特徴を持っています。

もっと知ろう

目の病気

眼瞼下垂症には、今後自分もなるかもしれない病気です。目は生きていく中で非常に大切なものですよね。何かしらの違和感を感じたら注意が必要です。万が一、発症が発覚すれば、自分の症状に適した治療を選択していきましょう。

もっと知ろう

特徴

眼瞼下垂はまぶたが開きにくくなっていることです。原因はまぶたの筋肉のゆるみです。加齢であったり、まぶたを擦りすぎることから、ゆるみが生じます。問題を放置しておくと、いろいろな問題を誘発してしまうので、早急に対処することをお勧めします。

もっと知ろう